ゆうまの地球冒険記

地球を散歩する中で世界各地のこと、悟ったことをそっと綴っていけたらなと*目指すは206カ国渡航*

僕たちは『陰と陽の中』で生きてゆく

.

.

.

悲しみや 苦しみや 怒りを嫌い、否定して

楽しさや 喜びや 穏やかさのみを求めたとき

そこにあるのは何もない 〝無〟 である

 

僕が1年

陰を否定して陽だけを求めたとき

そこには陰はなかったが陽もなかった

 

この世界は陰と陽が在って初めて成り立つ .

 

光があるから影を知れるように

苦しみがあるから喜びを知れるように

 

そうやって僕たちは陰と陽の中で

幸せや 豊かさや 平和を見つけ出してゆく .

.

.

.

f:id:earthstory:20170806025915j:plain

【世界最古で最大のピラミッド】の頂上でテント泊!! ボスニア

どうもどうも激暑い地域にいててバテバテのゆうまですが先日ピラミッドの山頂で寝て

きました( ✌︎'ω')✌︎

 

実はまだ発見されて数年のピラミッドがここボスニア・ヘルツェゴビナにありまして

そやつがまさかの世界一大きくて古いと言う興味深いもの。

f:id:earthstory:20170725212839j:plain

 そうなのですよ

エジプトではなかったのですよ

 

ちょっとこのピラミッドについて説明すると

・高さが220m

・山頂からたまにビームが出る

・34000年も前に作られたもの

・2006年に発見されたばかり

・783Hzの超低周波音が出ている(肉体、精神、魂の成長に最適な周波数)

・全てのピラミッドが数十キロにも及ぶ地下通路で繋がっている

 

 

 

 

まずどこにあるのかと言うとサラエボの少し上VISOKOという小さな町にあります

サラエボから1時間に1本バスがあり1時間ほどで着きます値段は500円ほどです

着くなりすぐに見えるコヤツが一番大きい太陽のピラミッドですね

f:id:earthstory:20170725214009j:plain

確かに形は三角!!!w

 

 

早速バス停からピラミッドへ向けて歩き出します!!!

そこまで遠くなく歩きで20分ほどでピラミッドの麓に着きます

ただこのピラミッド自体の高さは220mなんですが丘の上にあるため頂上は700mちょっとあり高尾山よりも高いぐらいです⛰w

 

 

 

麓に着くと看板があります

f:id:earthstory:20170725212941j:plain

ただしこの看板に従っていくとMaps.meにはまだない道に行くのですが気をつけていただきたいのはこちらから行くと5マルク取られて尚且つ鬼急な坂を頂上まで登らなければいけないということ!

 

ただこのルートから行くとピラミッドの表面を見ることができます

f:id:earthstory:20170725220520j:plain

f:id:earthstory:20170725220602j:plain

 

もう一つのルートは無料で簡単です

f:id:earthstory:20170725213502p:plain

赤いルートがお金取られるけどピラミッド表面が見れるルート

青いルートが無料で簡単だけどピラミッド表面が見れないルート

 

 

赤いルートの写真撮り忘れたんですが青の方は比較的簡単で緩やかですね

f:id:earthstory:20170725213941j:plain

 

 

道中ホテルやお土産やさんがあり徐々に観光地が進んでるなーと感じました

f:id:earthstory:20170725213117j:plain

f:id:earthstory:20170725213731j:plain

 

1時間半ぐらいで頂上に着き野宿!!!

頂上にはこんなオブジェみたいなのがあります

f:id:earthstory:20170725213943j:plain

 

どこが頂上の中心なのかよくわかりませんがとりあえずテントを張ることに

f:id:earthstory:20170725214049j:plain

これ。テントの後ろの三角の影がピラミッドw

そこそこ好きなツーショット写真でございやすw

 

 

 

頂上からの景色はすごく綺麗で他4つのピラミッドも見ることができちゃうっ

f:id:earthstory:20170725214013j:plain

ほんまは他のも登りたかったけど愛は行けても他のはどうやら道がないらしく厳しかったので断念、、、、。

 

 

朝日と夕日どちらも見れてすごく綺麗でした

f:id:earthstory:20170725220234j:plain

f:id:earthstory:20170725220224j:plain

※朝日ちょっと起きるの遅かった。w

 

 

 

で!!

あの噂のビームが見れるかなと期待を胸に夜になるのを待ち、、、

 

 

 

 

 

 

 

なんと、、、、、、、!!!!

 

 

 

 

 

 

なんっっにもありませんでした( ͡° ͜ʖ ͡°)ww

 

 

 

 

 

次の日

帰ろうとしたらそこにいた人に

「中の通路はもう行った??」

 

 

 

、、、、、、、、、え?!?!

 

 

 

そうなんです!!!

まさかの通路には入れちゃうんですよ!!!!w

最初にも述べたように

その入り口は太陽のピラミッドから2キロほど離れたところにあり少し歩くのですがそこからガイド付きで地下通路を歩くというもの

場所はこちら

f:id:earthstory:20170725214026p:plain

まだMaps.me上にも表示されてないのですが名前が tunel ravne bosna です

ボスニア人には有名なのでボスニア人は多かったですが外人はあまり見かけませんでした

 

いろんなピラミッドに関しての本やまた周波数が体に及ぼす影響についても書いてありました

f:id:earthstory:20170725213821j:plain

 

 

中に入るのには10ユーロ払う必要がありますがもうその価値はめちゃくちゃありました!!!!!

f:id:earthstory:20170725213845j:plain

 

 

 

英語で説明しなが進んで行くのですがなんと!!

僕の時はそのガイドがこのピラミッドを見つけた張本人でした!!!w

もちろん記念に写真を撮りました

f:id:earthstory:20170725214028j:plain

 

 

通路自体はまだ600mまでしか掘られていませんでした

というのも中はものすごく脆いので電気機材を一切使えないとのこと

全てを手作業で掘っているそうです

それでも数年後には太陽のピラミッドの真下に到着するそうです!!

f:id:earthstory:20170725225741j:plain

 

 

f:id:earthstory:20170725225757j:plain

今まさに掘り進められている最深部

 

 

ちょっと英語が聞き取れなくて完璧ではないのですがこの石

f:id:earthstory:20170725214050j:plain

これは人工的に作られたもので中にはクリスタルがありこれが超低周波音を出していると考えられています

 

この石がある空間にいた時にすごくふじぎな感覚になりました

 

眠たいのでもなければリラックスともまた違うけど今まで感じたことがないぐらいの落ち着き感がありました

 

確かにこうやって改めて写真で見て見ると明らかに他とは違うものを強く感じます

 

 

 

 

 

今回このピラミッドに行って見て明らかに僕たちが学んできた歴史と食い違うことがあるということ

 

 

 

そのことはピラミッドを発見した彼も言っていました

「今、語られている歴史は嘘である」

 

それからこうも言っていました

「このピラミッドは人間ではない〝何か〟が作った」

 

 

 

確かにもしこのピラミッドが34000年前のものだとしたらその時代に人間はいなかった

むしろ生物自体が生存するのが難しい時代だった

そんな中この巨大ピラミッドが作られたこと

もしそれが本当だとすれば歴史がひっくり返る可能性だってある

 

 

 

そして何より変なのは他の国はこれがピラミッドであると認めているのにボスニアは認めておらずそれどころかピラミッドの中に入ることを政府は許していないという

 

 

おそらく隠したい何かがあるのかもしれない

 

 

 

 

とにかく!!!

ここはかなり興味深い場所でした!!!

宇宙人に会いたくて仕方がない僕からしたらまた訪れたい場所ではありますね!!!

 

 

 

 

デワデワ

機会があれば行って見てね( ✌︎'ω')✌︎

 

 

 

 

* * * * * * * * * *

 

 

ゆうまの

Twitter https://twitter.com/EarthPromenade?lang=ja

Instagram https://www.instagram.com/joe.yuma/?hl=ja

Facebook https://www.facebook.com/yumajoe86

 

 

* * * * * * * * * *

アルバニア Theth国立公園にある超秘境 第二のブルーアイへ行って見た

もうこれでアルバニアについて3記事目になるわけですがそれぐらいアルバニアは濃くて見るところが沢山あるまさに絶景の宝庫なんですよ。w

 

 

今回紹介するTheth国立公園はまさに秘境中の秘境と言っていいでしょう

そこには隠された第二のブルーアイが存在します

f:id:earthstory:20170719035346j:plain

これです。もう超絶絶景ですよ。マジで。

 

ただし!!

正直に言いますが行くまでの道のりは難しいです

バスもありません

運が悪ければ高額なお金を払わないと行けないかもしれません

それでも行く価値のある絶景がそこにはあります!!

 

 

 

 

Thethへの行き方

まずTheth国立公園がどこにあるのかというとコソボモンテネグロの国境沿いですね!

 

f:id:earthstory:20170719050823j:plain

ティラナからは行けないのでシュコドラへ向かいます。

先ほども述べたようにバスはありません。

僕たちは諦めて60€払ってタクシーで行こうかとしたら、、、、

奇跡という名の必然で片道10€のローカルバスを見つけてそれに乗って行きました!!

 

 

ではどうやってそのバスをピックアップするかというと奇跡的に見つけたのですが

f:id:earthstory:20170719041142p:plain

f:id:earthstory:20170719050750p:plain

まさかのMaps.me上にのみ表記されていましたがバス停がありました!!w

僕たちがピックアップされた場所は違いましたが確かにこの場所でも違う人をピックアップしいました!!さらに帰りに降ろされた場所がここだったのでここがTheth行きのバスターミナルと見て間違い無いでしょう!!!!

 

ただしそこに誰か受付の人がいるわけでも時刻表があるわけでも無いので近くにカフェがあるのでそこの人に助けを求めて見てください!!!!

 

またはもう一つの方法としてはThethの宿を予約してそこの宿に誰かに電話してもらいピックアップしてほしいと伝えるという方法もあるかもしれません

 

いずれにしても最安値が10€となっています。

 

 

 

いざ!Thethへ向けて出発!!

f:id:earthstory:20170719035030j:plain

距離はそこまで遠くはありません

 

 運転手がめちゃくちゃ寄り道しまくります!w

f:id:earthstory:20170719035032j:plain

 

挙げ句の果てにはタイヤ交換し始めましたからねw

f:id:earthstory:20170719042557j:plain

 

2時間後ぐらいにようやく街を出発🚗

f:id:earthstory:20170719035038j:plain

 

途中からオフロードゾーンになるんですがもうそこから絶景

f:id:earthstory:20170719035101j:plain

 

途中にあるレストランがなんかアルプスみたいだった。 アルプス知らないけど

f:id:earthstory:20170719035053j:plain

f:id:earthstory:20170719035052j:plain

 

それでも先へ先へとオフロードを駆け抜けます

f:id:earthstory:20170719034946j:plain

 

 

そしていろんなところ寄ってようやく到着!

100キロも無い道のりに6時間ほどかかりました!!ww 

 

 

 

Thethトレッキング

 

f:id:earthstory:20170719035132j:plain

 

いざ!トレッキング開始!!! 

f:id:earthstory:20170719035256j:plain

もう景色はやはり絶景

そしてそこらへん流れてる水はどれも飲み放題

合計8リットルほど飲んだけど特に腹も壊れなかったからほんまに綺麗

だからまず水の心配は無用でござる🚰

 

しかも水はすでに激冷たいので暑くなったらすぐクールダウンできちゃうw

f:id:earthstory:20170719035009j:plain

 

 

f:id:earthstory:20170719035127j:plain

僕たちはこのSYRII KALTER(ブルーアイに向かいます

宿からの距離は片道10キロほどで約4時間

往復で帰ろうと思えば余裕で帰れますしなんなら5€出せば宿から車で行けちゃいますw

 

プチレストランなどもあり高いですが食事もできます

道のりは平坦なところが多くそこまでハードではありません

途中このような天然プールもあったり♫

f:id:earthstory:20170719045508j:plain

 

ブルーアイだけでなく滝もあります

f:id:earthstory:20170719035251j:plain

そこそこ迫力あって好きでした!

水はもちろん激冷たいですよw

 

それからこのマーク

f:id:earthstory:20170719035252j:plain

これは道を示していて赤い線が向いている方が道です

これさえ見失わなければ迷うことはまずありません

 

 

ついにきた第二のブルーアイ

 

f:id:earthstory:20170719035010j:plain

もう見てくださいよこれw

本当に絶景だらけだよアルバニア

この水温ですね、、、なんと5度以下!!

いや。マジでここは3分ぐらいが限界

冷たいを通り越して痛いからね。www

ここの水も飲み放題だからキンキンに冷えた水が飲めちゃう!!

 

f:id:earthstory:20170719051343j:plain

f:id:earthstory:20170719051441j:plain

まさに秘境。

岩に囲まれてるためにここに日が差し込む時間はかなり短いです

 

もちろん、、、

f:id:earthstory:20170719051604j:plain

透明度も抜群!

綺麗すぎて浅く見えましたがおそらく10mはありました

 

着いてから知ったのですがまさかのレストランもありましたw

f:id:earthstory:20170719035212j:plain

f:id:earthstory:20170719035204j:plain

f:id:earthstory:20170719035342j:plain

冷たすぎて泳いで楽しむのは一瞬ですがこの景色を見ながら飲むコーヒーはもうなんとも言えませんね☕️

 

 

 

ブルーアイで野宿

 

f:id:earthstory:20170719035148j:plain

日帰りで来られるところでゆっくりテントを張って寝る

これほどまでの贅沢はないでしょう🏕

 

ここTheth国立公園は岩場が多くテントを張る場所を探すのがそこそこ難しいです

ブルーアイもそうでハシゴを登って上に行くと平地がありますが1テント5€かかります

ただトイレも使えるしお願いすれば食器やコンロも使わせてくれます

シャワーはないですがブルーアイで十分でしょう!!!

それから夜は冷えるので防寒具をお忘れなく

 

それだけでもありがたいのに皆んな超絶優しい!!

f:id:earthstory:20170719034956j:plain

 

英語が通じるのでちょっと雑談しながら日本の文化に触れてもらったり♫

f:id:earthstory:20170719035152j:plain

 

さらに!

彼女たちが見つけたまだマップにすら載っていない滝に連れて行ってくれることに!!

f:id:earthstory:20170719054722j:plain

f:id:earthstory:20170719054808j:plain

 

さらにさらに!!!

これだけでももうお腹いっぱいなのに夜キャンプをしてると、、、

f:id:earthstory:20170719035158j:plain

 

このハンサムな彼が、、、

ブルーアイで釣ってきた魚をプレゼントしてくれました🐟

f:id:earthstory:20170719055114j:plain

 

 

豪快にさばいて塩焼きにしていただきましたが激うまw

こんなに甘い魚は初めて食べました!!!ww

もちろん星空も絶景🌌

 

 

朝目が覚めると、、、、

f:id:earthstory:20170719035339j:plain

天使がいました。ww

 

そしてハンサムな彼は朝からブルーアイで釣りしてました🐟

f:id:earthstory:20170719035249j:plain

てかよくよく考えたらこの水温に魚が住んでることがびっくり

そんな感じでめちゃくちゃ居心地のいいテント泊でした⛺️

 

 

 

Thethオススメの宿

 

f:id:earthstory:20170719035345j:plain

こちら

名前がPARADISEなんですよねw

まぁー確かにパラダイスみたいな場所ですが突っ込むのはやめときましょうw

 

 

価格は3人部屋で30€ 3人で割れば安いですが一人だと少し高いですね

f:id:earthstory:20170719035113j:plain

ただテント泊も可能でその場合無料!w そんな場所あまりないかなとっ。

WiFiもあるしレストランもあります

f:id:earthstory:20170719035334j:plain

f:id:earthstory:20170719035337j:plain

 

朝食も付いてきます

f:id:earthstory:20170719034958j:plain

 

 

そして!!!!

何より驚いたのが、、、、

 

 

 

この宿、子熊がいるんですʕ•ᴥ•ʔw

 

 

 

この子達

f:id:earthstory:20170719034953j:plain

生後二ヶ月にしてもうそこそこ強いw

てかクマを飼っていいことへの驚きが強いw

僕が行ったのが2017年7月ですので来年はもう触ることができないかもですね、、、

 

 

帰りは宿のオーナーに言えば10€でバスをチャーターしてくれます🚌

 

 

 

 

以上!Theth国立公園でした!!!!

結果的にアルバニアは18日間も滞在しましたw

でもまだまだ絶景があるんだろうなと思うとまた是非とも訪れたい国ですね🇦🇱

虜になってしまいましたw

 

でわでわ!!

皆さんの旅が楽しいものになりますように!!

質問がありましたらお気軽に( ✌︎'ω')✌︎

 

 

 

その他アルバニアで激オススメな場所


 

 

* * * * * * * * * *

 

 

ゆうまの

Twitter https://twitter.com/EarthPromenade?lang=ja

Instagram https://www.instagram.com/joe.yuma/?hl=ja

Facebook https://www.facebook.com/yumajoe86

 

 

* * * * * * * * * *

絶景の宝庫アルバニア 秘境Gjipeビーチがある村VUNO(ヴゥノ)

どうもどうもアルバニアにどハマりしてしまったゆうまです!

もうこの国は本当に絶景の宝庫なんです

今回はまだ誰もブログを書いてない秘境

 

 

 

Gjipe Beach へ行って来ました!

 

 

 

 

今回紹介するビーチと村はたまたま噂と口コミを聞いて見つけました

場所はここ

サランダの近くにございまする

ブルーアイもそこそこ近いですね!

 

前回の記事ブルーアイについては ↓


そのvunoという村から歩いて2時間にあるのがGjipe beach🏖

 

 

 

 

VUNOへの行き方

f:id:earthstory:20170719001136j:plain

サランダからの行き方を紹介します

サランダにあるバス停(公園の隣)から出ており便数はわかりませんが1日数本あります

 

僕が乗ったのは11時ちょっと過ぎのバスでした

そして価格は不確定で前日に聞いた時は600円。次の日受付で聞いたら700円。

最後乗るときに値段聞いたら800。w

なんやねん!!!!って感じw

 

このバスに乗りVUNOで降りたいということを伝えましょう!

VUNOまでは2時間ぐらいで着きます

 

 

 

Gjipe beachへの行き方

 

f:id:earthstory:20170719010307j:plain

行き方は3通りあり

①正規登山ルート

②道路+歩き

③裏登山ルート

 

僕たちは③番の裏登山ルートから行きました

このルートが最短(車があれば②)で行く途中に絶景ポイントがあり載せてある写真の景色がみれますのでお勧めです!

 

その裏ルートはMaps.me にも表示されてなくどうやって知るかというとVunoには宿がいくつかありその中で最安値のShkolla Hostelのオーナーが教えてくれます!

(この宿については後ほど)

 

ビーチの場所はここ

 あ。ちなみに話は少しずれるのですがここら辺秘境ビーチが山ほどあってそゆとこはヒッピーが沢山いてマリファナずっと吸ってました。w

ここアルバニアは政府が少し目をつぶっていて(経済のため)マリファナがどこでも買えるような状態でしかも激安らしいです

 

 

 

 

Gjipe beachでキャンプしちゃおう!

f:id:earthstory:20170719001214j:plain

ここはキャンピングスポットとしても有名で沢山の人がキャンピングしています!

このような草と木があるところでは一泊一人5ユーロかかります

(トイレ、シャワー込み)

ただしビーチでたてた場合は無料ですがシャワー2ユーロ、トイレ1ユーロかかります

 

食事に関しては3箇所ほどあり少し割高(ジュース200円、豚肉700円)ではありますが飲食に困ることはありません

f:id:earthstory:20170719011058j:plain

僕たちは借りたのですがもし鍋などの食器を持っていけば木々を集めて火を起こしてそこらへんでクッキングもできちゃいます!!!!(激お勧め!!)

 

 

 

 

もちろん透明度は無限

f:id:earthstory:20170719001149j:plain

宙に浮いてるみたいな写真が撮れちゃうほど透明

合成じゃないよ。いや、マジで。w

 

こんな感じ( ✌︎'ω')✌︎


 

もちろん醍醐味のジャンプだってできちゃう!


 

それだけじゃない景色も絶景

見てくださいよこれw

f:id:earthstory:20170719001536j:plain

f:id:earthstory:20170719011353j:plain

f:id:earthstory:20170719011402j:plain

もうこんな最高に絶景な場所来ない理由がないでしょwww 

 

 

 

 

VUNOの宿

f:id:earthstory:20170719014345j:plainこの村に唯一あるレストラン兼ショップでFreeWiFiも飛んでいます!

500円でプレート料理が食べられますのでそこそこって感じですね

 

そしてお勧めの宿がShkolla Hostel

また最安値となってます

ただしbooking.comに登録されていないためこちらからコンタクトを取りましょう

https://www.facebook.com/shkollavunohostel/

 

プライスリストはこんな感じ(2017年)

f:id:earthstory:20170719001129j:plain

それから200円払えばご飯を作ってくれてみんなで食べるって感じですね!

この宿にWiFiはないので先ほど紹介したレストランまで行く必要があります

 

何よりも嬉しいのがビーチへ行くときに荷預かりしてくれます

それからテント、シュノーケル、浮き輪etc...をデポジットだけで貸してくれます!

これは正直めちゃくちゃありがたいかなと!!

 

 

 

 

 

以上アルバニアの秘境ビーチでした!!

絶対に 絶対に行ってね!!!!!!!!!!!!w

それじゃっっ

チャオ〜〜👋

 

 

 

 

* * * * * * * * * *

 

 

ゆうまの

Twitter https://twitter.com/EarthPromenade?lang=ja

Instagram https://www.instagram.com/joe.yuma/?hl=ja

Facebook https://www.facebook.com/yumajoe86

 

 

* * * * * * * * * *