読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまの地球冒険記

地球を散歩するなかで世界各地のこと、悟ったことをそっと綴っていきます  *目指すは206カ国渡航*

僕という地球人について

こんばんわ!

 

昨日から急に寒くなったオーストラリアですが僕の魂は常に燃えまくってますよ!笑

 

 

今日はですね

これまでの僕の経歴や考えなど振り返りたいなと

 

 

 

 

まずはじめに言っておきます。

 

 

おそらく半端なく長文になります!!!笑

 

 

それでも読んでいただけたら嬉しいです

というか半分自己満の記事というか振り返りの記事と言いますか、、、

 

 それでは!お楽しみください

 

 

 

 

 

〜 ゆうまの地球過去物語  〜

 

 

 

伊藤 佑馬がこの地球にやってきたのが1995年8月6日 

原爆が落とされた日

今は20歳

高校卒業して就職して速攻で辞め、地球をふらふらしてます

 

 

 

 

 

こんな意味わかんない楽しみまくってる僕ですが高校生の頃は、、

 

 

毎日学校に文句言いながら通い

部活もイヤイヤやってたり

授業もだるいと言いながら受けてたり

時には友達の悪口言ったり

 

 

いろんな意味で〝普通〟でした。

 

 

でも

勉強だけはちゃっかりしてたのでクラスでは毎回1位

(ちなみに中学時代は5教科のテストで50点の超バカでした。笑)

 

 

まぁそんなこんなで就職も決まって

就職先はちゃっかり大企業である東レ。笑

 

のちにそこを4か月で辞めることになるのだがその話は後にしよう

 

 

 

 

実は高校を卒業する前から一つ大きな夢がありました。

 

高校2年の雪降る2月

修学旅行の帰り

飛行機の窓から見たこの景色

f:id:earthstory:20160511193849j:plain

 

 

この景色が僕に夢という名の種を植え付けました

このとき僕は知ったのです

この世界の 地球の美しさを

 

そのとき 僕は決めました

 

 

    『世界一周する』 と!

 

 

当初の計画はこうでした

就職して2年間お金貯めてから世界一周するということ

 

 

その夢を胸に

2014年4月1日入社しました

 

 

それから2週間研修を受け、仕事開始

仕事は楽勝でほとんど機械がやってました。笑

 

 

だがしかし

仕事内容、同僚との会話に絶望しました

 

 

 

仕事内容は毎日同じことの繰り返し

同僚との会話はゲーム、パチンコ、服の話ばかり

 

 

 

そんなときに働く以外の生き方を知ったのです

起業であったり

ネットビジネスであったり

 

 

次第に同僚とは会話をしなくなり

日々自分でお金を稼ぐ勉強をしていました

 

 

そして、ある2人の方と出会ったのです

のちに僕の人生を大きく変える人となりました

 

 

それは

あきとさんとひとみさん

 

あきとさんはビジネスのことを知っていて

 

ひとみさんは僕と価値観や考え方が合う方で相談に乗ってもらいまいた

 

 

そして次第に大阪や東京で様々な人たちとお話しして

ビジネスのことを聞いたり

人生のついて熱く語ったり

ときにはコンサルタントで20万円騙されたりw

 

 

 

ちょうどそんなとき

世界旅したい欲は頂点に達してましてね

 

 

「2年も働くなんて無理だ!時間は 人生は有限なんだ!!」

 

 

 

って爆発しちゃって。 でも

 

 

「お金どうしよう、、」

 

 

って。

もう心が引きちぎれそうで泣きじゃくってたのを今でも覚えてます。

 

 

 

そんなとき

ひとみさんから思いもしなかったことを言われたんですよね

 

 

 

「大阪か東京に引っ越してみたら?」 って。

 

 

 

そしてそのタイミングであきとさんから

 

 

 

「東京住みたいならシェアハウスしようよ!」 と。

 

 

 

 

今、振り返って思うけどほんまに感謝しかない

思い出し泣きしそうだぜ!笑

 

 

 

で。

土日に東京でいろんな人と話して帰ったあと速攻で電話

 

課長に。

 

 

 

タクシーで駅から会社まで直行。

 

 

 

課長に会うなり

 

 

 

 

「すみません!!会社辞めたいです!!」

 

 

 

 

 

頭おもいっきり下げてそう言ったのを今でもはっきり覚えています

 

それを言ったのが確か5月半ばあたり

 

 

本当に説得されまくったんだけど僕の頑固たる想いは変わらず

7月31日に東レを退職しました。

 

 

 

あのときはもう

ワクワクしかなかったなぁー

上京生活の不安とかより楽しみが勝りまくってた!

 

というかそうなるべきだったかのように何の違和感もなかったな、、、

 

 

 

でと

僕の誕生日である8月6日

 

 

 

人生の分岐点

 

 

 

絶対に忘れないようにと

 

ずっとやりたかったヒッチハイクで石川から東京へ向かうことに。

f:id:earthstory:20160511200454j:plain

※当時の写真

 

 

担いでるリュックは親友がくれた大切なもの(^^)

無事にその日の夜につくことができました!

ヒッチハイクやってる人ならご存知の通り500キロはなかなかの距離)

 

 

 18歳の誕生日であり

上京記念であり

人生初のヒッチハイク記念

 

 

あの日のことは一生忘れることはないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

それから僕の泥沼のビジネス、お金と向き合う1年間が幕を切ったのだった。笑

 

 

まずものすごく嬉しかったのが

東京ついて早々に誕生日を祝っていただいたこと

あれは嬉しかったなぁ〜

 

そのあとも上京生活はとても順調でした!!!

 

 

 

 

 

とは言えない山と谷と崖だらけの生活が待っていたのだが、、、笑

 

 

 

まずはじめに僕が手を出したのはネットビジネス

 

 

「とにかく旅しながら稼ぎたい!!!」

 

 

そう思ってたボク

今振り返るととてもお恥ずかしい話ではありますがそんな想いではもちろんお金をいただくことは難しいです。笑

 

 

 

最初はビジネス勉強しながらとりあえずはバイトをしようと

あの大都会で初のバイト!!

 

 

それは

都会では有名な銀のさらという配達専門のお寿司屋さん

 

 

ぶっちゃけものすごく楽だった

バイクで配達をするだけ

 

それでもって1日1万稼いでた

 

 

 

 

ただ

東京の住宅街がマジ迷路だった!!笑

 

 

 

地図を覚えるのに一苦労した覚えがあります

 

それから夜の住宅街は経験上言えるのですが海外の路地より危険かなと。

 

何度かやばい人に遭遇して追いかけられたり奇声をあげられたりと、、、

なにより怖いのは幽霊じゃなくて人間だなぁーと実感しました。笑

 

 

 

ただ

最高だったのが毎日賄いで刺身を食べられたこと

マジあの時は刺身の価値観ガク落ちだった。笑

 

 

 

 

 

あとはね

田舎の教習所で聞いたことも習ったこともないような法律で2回捕まって罰金という面白い思い出もありますね〜

 

 

 

 

仕事の休み時間、みんな昼寝してる中で一人パソコンをカチカチ。

あの頃の僕は

 

 

 

忙しさを求めていた!

 

 

 

恐らく今思えばビジネスをやってる気になりたかったんだと思う

 

 

だから常にソワソワしてて 常に人と会う予定入れて

まるで自分が凄い人かのように自分をごまかして生きてたね

 

 

多分これはビジネスやりたての若者にありがちなことだと思われる

 

 

上京して人にはめちゃくちゃあってた

おかしいだろレベルで初めましてをしてた

 

 

しかも。。。

みんなビジネス関連の人たち

 

ちなみにこれがあの頃の予定カレンダーだ

 

ドン

f:id:earthstory:20160601110828j:plain

 

そう。

緑色の予定が全部アポイント。笑

 

 

 

正直1日3人のアポとか集中力持つはずない!w

 

多分上京して200人の人たちとアポ取ってきたと思う、、、

 

 

 

 

とまぁとにかく忙しく生きてた上京生活序盤

 

 

 

そんなバイトと勉強を続けて3か月ぐらい経ったときかな

少しずつ 少しずつ

ゆうまの中に  ?  が出てきてたんだよね

 

 

 

やっぱりたまに旅に行きたい欲がはんぱなくなって抑えきれなくなって

バイトやめて

あきとさんと一緒にヒッチハイクでぶらぶらしてみたり

一人で九州までヒッチハイクしてみたり

 

 

とにかくね

あきとさんのノリがやばいのよww

 

今まで出会ったどんな人よりもやばい

ときにそれ本気!?っていうようなノリもあるほど、、、笑

 

 

 

 

 

そしてまたお金なくなってバイ

そんな生活がしばらく続いたね。

 

 

 

 

 

それから地球散歩っていう旅団体も造ったことがあるんだ

あきとさんと一緒にね

 

 

 

その団体の最終目標は

 

無人島を開拓する  ことだった

 

 

 

 

でもね

団体を作って5か月ぐらいかな

団体を解散したんだよね。

 

本当に人をまとめていろんなことを計画することの難しさを痛感したよね

 

ものすごく大変なんだ

運営するってことは。

 

 

それを18歳という歳で経験させていただいて今では本当に感謝してるけど

あの時は辛かったねーー

 

もやもやだらけだった

 

 

 

あとはいろんな種類のビジネスもやった

これに関しては本当に全部あきとさんのおかげ。

 

 

投資してみたり

物販してみたり

団体運営してみたり

アフィリエイトしてみたり

出会い系サイトの仲介してみたり

最新自動販売機の売り込みしてみたり

 

 

 

本当にいろんなことやった。

ぶっちゃけすごく大変だし頭めちゃくちゃ使ってあきとさんと作戦立てたりしてさ

本も読みまくって勉強もしまくったしさ心理学も勉強した

 

 

 

これだけは言えるよ

 

 

ビジネスは簡単ではない 

 

 

 

 

でもね

ビジネスを長い間やってやっぱり  ?  があることに気づく。

 

 

 

確かに

僕は働かずにお金を稼ぐために、旅をしながらお金を稼げるようになるために上京した

 

 

 

だけど、、、、、、、、

 

 

 

「何かが違う」

 

 

 

そう僕の魂が叫んだ。

 

 

多くのビジネスマンは言う

「お客様のため」

「みんなに喜んでもらいたい」

「みんなで幸せになろう」

 

 

だけど、、、

僕はわかっていた

 

 

 

彼らの本当の声が、、、

 

 

 

でも

彼ら自身はそれが本心だと思っている

 

 

僕もそうだったように

 

 

 

搔き消しちゃうんだ

 

 

お金を稼ぐために、、、、。  

 

 

もちろんビジネスマン全員がそうじゃないよ

本当に心から人のことを想って経営してる人たちはお金もちゃんと回ってて

なによりその人自身が楽しそうでイキイキしてる。

 

 

 

でも僕は

 

誰かを踏み台にしてまで僕は不労所得を得たいのか

誰かにウソをついてまで僕は不労所得を得たいのか

誰かのお金を奪ってまで僕は不労所得を得たいのか

自分に嘘ついてやりたくないことで不労所得を得たいのか  

 

 

そう感じ始めたんだ。

その先に本当の豊かさはあるのかと

 

 

 

そんな疑問が浮かび始めると同時に

なぜ人が生まれてきたのかとか

なぜ宇宙はあるのかとか

 

神秘的というかスピリチュアルなことを考えるようになっていた

 

 

 

やばい時はそれの答えが出るまで2週間毎日図書館に行ってノートに書きまくったり

答えが出るまですんごく病んで3日間寝まくってたり

こんな世界消えてしまえばいいとか

自分なんかいらないとか

 

 

もうとにかく病みまくってた

僕が生まれた意味が、理由がわからなくて。

 

 

 

そんなときかな

上京する前からちょくちょくあってたかおりさんという方

この方ものちに僕の人生を激変させる言葉を伝えてくださった方。。

 

 

 

かおりさんもそういうのを考える人でありながらビジネスもしてて

 

生まれてきた意味とか

僕たちの使命だとか

それと平和とか

 

その時からかな

少しだけ世界平和を意識し始めたのは

 

それでたまにあって相談に乗っていただいたりと、、、

 

 

 

それからしばらく経ち、落ち着き帰省した時だった

 

 

 

思いもよらない知らせに僕は泣き崩れ、僕の心は壊れかけた

 

 

 

母が腰に大きな爆弾を背負ったのだ

骨がずれ

手術しなければ治らないが成功する可能性は50パーセント

もし

失敗すれば下半身不随、、、、、。

 

 

 

それだけじゃなかった

父は数十年後に体が全く動かなくなってしまう奇病になってしまったのだ

もちろん奇病でその病気の人はほとんどいない為、治療法もなし

そんな父が一言

 

 

 

「身体完全に動かなくなる前にパパもいろんなところ行ってみたいなぁ〜。」

 

 

 

 

僕はこの言葉を今でもはっきりと覚えている。

 

 

本当に心がはち切れるかと思った。。。

 

 

 

僕にお金がないばかりに!!!

 

 

 

お金が、、、、、、

お金が、、、、、、、、、

 

 

泣いて泣いて泣きまくった。

叫びまくったよ

田んぼのど真ん中で

叫んで暴れて泣いて

 

 

その時

僕の心は少し変わってしまった

 

 

 

お金なんか大っ嫌いだ!!!!!!!!

 

お金なんかなくなればいい!!!!!!!

 

 

決めた

俺は誰かを踏みにじってまでお金を稼いで親を助けてみせる!!    

 

 

 

それからすぐに東京に帰った

 

 

 

だけど

そんな想いでビジネスしてもうまくいくはずがない。

 

 

 

お金はほとんどなくなり

 

お金を稼がなきゃ

 

でも

それは俺がやりたいことではない、、、

 

 

一体俺はどうしたらいいんだ、、、、。

 

 

あの時の俺は追い詰められたネズミだった

 

 

 

 

それで俺は親に聞いてみた

「どうなったら幸せ?」 って。

 

 

そしたら

「ゆうまが楽しんで幸せなら幸せだよ」 って。

 

 

 

なんかね

その時に何かこう 鎖が解けたんだよね

 

 

 

そのあとかおりさんに会った時に

「やりたくないこと止めて

   やりたいことやってみたら?」 って。

 

 

 

 

で。

今までやってたビジネスを全部止めた。

 

 

それが2015年2月

 

 

 

ちょうどその頃

1年ぶりに彼女ができたんだ

 

 

その彼女に会うために熊本までヒッチハイクで行って1週間ぐらい過ごした

 

 

その時に僕は 愛 についてとても気になり始めた

 

 

「愛ってなんだろう?」

 

 

彼女といるとき

飯なんか絶対作らない僕が

彼女がバイトや大学から帰ってくる前に何作ろうかなぁーとか

 

 

彼女が便の調子が悪いと聞いてフルーツポンチ作ったり

それは心の底から彼女のことを思ってやったことだった。

 

 

 

「あれ?俺ってこんな人のこと想えたんだ」 ってびっくりした

 

 

 

それと同時にこれが愛なのかぁーって。

 

 

 

 

そのときに思ったんだよね

 

「愛について知りたい」

 

 

のちに沖縄サバイバルすることになるのですが、、、笑

 

 

 

その前に実は3月に初海外であるフィリピンに行ってて

そこで初めて目にする物乞いをする子供達とか見てさ

いろいろ考えさせられましたね

このことについてはまた別の記事で書きますね

 

 

それから

バジャウ族って民族と暮らしてる同い年がいると聞きつけ会うことになって

バジャウ族と一緒に漁へ行けることに!!

 

バジャウ族ってのは元々国籍を持たずに一生を海の上で過ごす民族なんだ

別名 『半魚人』

 

ちなみにこの子たちがバジャウ族の人たち!

f:id:earthstory:20160512215237j:plain

 

でね

ここの人たちって本当に貧しくて1日3食食べられる人はほとんどいなくて

しかもものすごく差別されててさ

仕事貰えなくて物乞いしてたり

 

 

そんな彼らに少しのお金を渡して漁に行ったんだよね🐠

 

 

それから帰ってきてしばらくして

同い年のヒロムがそのお金で店を立ててみんなではないけどそこの

家族は3食食べられるようになったって聞いてもー本当に感動したんだよね

 

 

 

その時に一つお金のブロックが壊れたよね

 

 

「お金ってなんかいいなぁ〜。こんな循環素晴らしいなぁ〜。」 って

 

 

 

あの時は生まれて初めて嬉し泣きしたね。

心の底から。

 

確かあの時は帰国して全財産1000円しかなかったのにものすごく幸せだった。w

 

 

 

もしバジャウ族が気になった方はこちらの記事を読んでみてね

バジャウ族と共に生活しているヒロムくんの記事です

hiromumatsuda.hatenablog.com

 

ちなみにここ最近からバジャウ族と共に漁に出かける

無限に楽しいツアーも開催され始めたのでセブ島に行ったらぜひ参加してみてね!

 

そこらへんのツアーより何倍も楽しいしなにより彼しか開くことのできないツアー🐟

 

 

 

 

話は戻りますが

そう!

 

 

 

〝愛を知るため〟

〝お金について僕は何を考えるのか〟

 

 

 

をテーマに、、、、

 

 

 

 

 

沖縄無一文サバイバルをすること決めたのです!!

 

 

 

 

期間は無期限

携帯もなし

お金もなし

片道切符を持ち 出発

 

 

 

ちなみになぜ沖縄だったかというと

沖縄の親切さははんぱなくそこに愛について何かヒントがあるのではと思ったため

 

あとは

逃げられないようにするためwww

 

 

本土から離れてるから飛行機ないと帰れないよね

だから。笑

 

 

 

 

沖縄は一人ではなく地球散歩イベントで一緒にパラグライダーをした時に出会って意気投合した相棒と共にサバイバルをすることに!!

 

 

ちなみに相棒はフットワークの軽さが尋常じゃなくて

出会った当初は工場で働いてたんだけどそれも辞めて今じゃ最強の相棒

 

 

 

 

結果的に沖縄には1か月と1週間滞在してました

ぶっちゃけかなり辛かった!笑

 

 

 

 

でもね

内容の濃さが半端なかった、、、。

 

 

 

生きてる!!!!  って感じまくった 

 

 

 

 

 

 

 

 

1か月と1週間の中でも一番濃かったのが

 

 

 

10日間辺野古で抗議運動をする人たちと共にテントで暮らしたこと

 

 

 

そこには今回僕がテーマにしていた  がありまくってた!

 

 

 

ついた当初はそこのボスである山下さんに

「お前たちなんや。飯と寝る場所もらいに来たんか」

 

 

 

ものすごく怒られ、、、

でも

しばらく話すうちに僕たちが何を目的にして旅をしているのかを理解していただいて

共に暮らすことを許していただいたのです!

 

 

 

実は辺野古のテントの中は秘密で共に抗議運動をしている仲間ではないと

入るどころか見ることもできないのです。

 

 

 

 

少し話はずれましたが

 

 

朝、昼は共に抗議運動をして

 

時には警察とぶつかり合うことも、、、

 

 

だけど

夜になると

みんなで踊ったり 歌ったり 同じ釜の飯を食いながら熱く語り合ったり

 

 

そんな楽しくも、激しい生活をしていました。

 

 

 

 

そんな中で

って何だろう?」

 

そんな疑問が生まれてきたのです。

 

 

何かを守るためにぶつかり合うことが愛なのだろうか

 

皆んなで踊ったり歌ったり助け合うことが愛なのだろうか

 

 

 

 

今だからこそ愛が何なのかわかりますがあの頃の僕にはわかりませんでした

 

 

 

そして最終日

抗議活動の中に大勢の中でいろんな人が話す時間があるのですが僕たちはそこで最後ということで話させていただくことになったのです

 

 

 

そこで

「僕たちは無一文で沖縄を知りたくて いろんな世界を知りたくて旅しているんです」

 

って伝えてさ

 

 

終わった後に、、、

 

 

 

なんと、、、、、

 

 

 

 

「これ少ないけど使いな」

「これで飯ちゃんと食うんだよ」

「頑張ってね」

 

そう言って

 

沢山の方々がお金をそっと渡してくださったのです

 

 

 

 

もうね

ほんっっっっっとうに心の底からあの時は嬉しかった

 

 

そして何よりも

あの最初は怒っていた山下さんが涙ながらにくれた1万円札

 

 

あの1万円は今までいただいたどんなものよりも嬉しかった

きっと一生忘れることはないだろう。

 

 

 

 

そのとき 僕の中のお金に対するブロックが完全に崩れていった

 

 

 

お金ってなんて素晴らしいんだ!!!!!

 

 

 

お金って愛なんだ!!!!!!!

 

 

 

そう心の底から想えた。

 

 

 

そのときに僕たちが必死に涙をこらえながら撮った一枚w

懐かしいねぇ〜

f:id:earthstory:20160513103128j:plain

 

 

 

そのいただいたお金でのちに石垣島西表島にいったのであった

 

 

 

 

とまぁ沖縄に一文無しでいったのに何故か本土に帰るときには色々なところで仕事もいただいてたので7万円手にしていました!笑

 

 

 

 

 

沖縄サバイバルの詳細記事はこちら

 

 

earthstory.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

これは皆さんに伝えたいことなんですが

 

 

よく 「お金がないから何もできない」

 

 

 

そう聞きますがそうではないということ。

 

 

現に僕は一文無しで沖縄に行ってちゃっかり1か月ちょい満喫してましたからね!w

 

 

 

お金がないから何もできないのではなくて

 

〝勇気がないから何もできない〟 ってこと。

 

 

 

 

 

ま!

無事に本土に帰れて真っ先に彼女の元へ行きましたねー笑

 

 

 

そのあとは地元へ!

ただその時は究極の貧乏だったので熊本から石川までヒッチハイクで帰ったのを覚えています

 

 

距離は1300キロほどなので容易なものではありません!w

 

 

 

ちなみにヒッチハイクのやり方やコツも別記事にて今度書こうと思ってます

 

 

 

 

 

そのあとは地元でゆっくりしてまた東京へと戻りました

 

 

そういえば

実は2回引越しをしているんですよねw

 

 

 

三軒茶屋 ⇨ 埼玉県 ⇨ 南千住(イマここ)

 

 

 

どれも素晴らしいおうちでね

それどころか本当に恵まれててもうすぐ上京して2年経つのに

まだ一度も住む場所を契約したことがないというね!笑

 

 

 

あきとさんたちと暮らしたあと

(最大で6帖に4人で住んでた!笑)

 

 

そのあとは縁あって

昔に世界を旅しまくってたトミー一家に暮らすことに

あの時も本当に学ぶ事だらけだったなー。

 

 

 

その次が今住んでるかづちゃん一家!

小学2年の子と中1の男の子が居て毎日にぎやか!

あとは相棒とめぐちゃんと元カノもいてほんまににぎやか!!w

 

 

 

でもそれを言うとよく

「元カノと一緒に住むなんてありえない、、、」 と言われますが気にしません。笑

 

 

 

 

 

沖縄サバイバルから帰ってきて2か月ぐらいかな?

だっらだらしてましたねw

 

 

それと実はその頃めっちゃ病んでましたね、、、

 

 

その内容がね

 

 

 

地球を救いたい

だけど地球を救うということは人間がいなくならなければならない

 

でも

人間も好きだ

 

一体僕はどうしたらいいんだ、、、。

 

 

 

そう悩んでてもうヤケクソで相棒と酒なんて滅多に飲まないのに酒を飲み

 

 

「りょうたさん(相棒)俺、もうどうしたらいいか分かんないよ、、、」

 

 

っと一言いい

ボーーーーットしていると

 

 

 

まるで何かが一瞬で頭に情報をインプットしたかのように悟った。

 

 

 

 

「この世界が一つになれば地球も

  助かるし平和にもなる!!!!!」

 

 

 

って思わず興奮のあまり叫んじゃったのを覚えてます。笑

 

だってさだってさ

 

世界が一つになるでしょ = 平和で争いあいがない世界でしょ

 

ってことはさ

誰かが何かを独占することもないわけさ!

 

全人類の力を

全世界の資源を

 

フル活用できるわけだ!!!

 

 

想像してみてよ!

みんながみんなの為を想って

みんなが地球の為を想って行動するんだよ!?

 

そんなの爆発的に進化しまくるに決まってるじゃん!

 

ってことはだよ!

 

地球汚染の問題もなくなるしさ それって地球が壊れなくてすむじゃんね!

 

しかもしかも

 

僕が思うに速攻でその後に宇宙人がコンタクト取ってくると思うんだ

 

 

 

そんなの夢の話?

 

 

いいえ

現実可能な話です。

 

 

ただし

それには権力でもなく お金でもなく 正義でもなく 支配でもなく

 

   愛 が必要です。

 

 

 

 

そんな答えが僕の中で一瞬で生まれたわけですよ

その想いは今でも同じですね

それに必ずそうなると信じています

この世界を みんなを。

 

 

 

まっ

話は戻りまして

 

 

またまた旅したい欲が頂点に達して

 

 

口座に10万もない

 

 

という意味わらない状態で海外一人旅へ!笑

 

タイ

マレーシア   に行きましたね

 

 

 

タイは大好きな国

 

物価は安いし 飯はうまいし なによりフルーツジュースがうまい!!!

 

変なもの食って腹壊すんじゃなくてフルーツジュースの飲みすぎで腹を冷やして壊すというね!笑

 

 

 

 

マレーシアはぶっちゃけもう行きたくないと思った。笑

 

 

 

 

ちょうどその頃、僕は真剣に 世界平和 を考えててさ

 

 

ある旅人に会った時に 言われたんだよね

 

 

 

「世界を変えようとするものはいるが

       自分を変えようとする者はいない」 って。

 

 

 

 

それから自分自身と向き合うことがテーマになった

(現在もなお進行形。おそらく死ぬまでそう)

 

 

 

あの頃は世界のことを伝えるジャーナリストになりたいって思ってたから

帰国して留学の費用を貯めることに!!!!

 

 

 

ここから僕の地獄のバイト生活が始まったのである、、、笑

 

 

あれは7月頭

僕がチョイスしたのはリゾバ

 

 

飯代もかからないし 自然に囲まれるからいいか! と軽い気持ちで選んだ

 

 

 

最初に働いた場所が今まで経験したことがないようなど田舎!!!笑

 

 

コンビニまで車で30分

 

最寄り駅まで車で30分

 

あるのは小さな小さなお店

 

 

あの時はやることなさすぎて死ぬかと思った。w

 

 

 

 

そして次だ

次のバイト先が今まで生きてきた中で一番ストレスを感じた場所だったのだ!

 

 

でもそこは月になんと35万稼げたw

1日最長で20時間働いていたかな!w

 

 

まぁ半分精神崩壊しかけながらもなんとか目標金額稼いでね

 

 

あの時は自分の闇ととことん向き合ったなー

あの時に悟ったのは

 

闇の奥にも

  光の奥にも

    在るものは 愛 である ってこと

 

 

 

このことを詳しく文章で表すのは難しいのでこれ以上は深入りしません。笑

 

 

 

 

なんとか地獄のバイト生活を終わり

 

自分の車で石川から九州までたまにはゆっくり旅をしようということで向かいました

 

ちなみに目的地は

 

 

   アースバックハウス サイハテ村!

 

 

なんでも世界平和や地球との調和を想う人たちが集まる村だと聞きましてね

 

 

 

眺めも最高だしなにより人が素晴らしい!!

皆さんも是非行ってみてね

 

 

 

 

無事に車旅は終わって東京へ

 

 

 

 

ついに

フィリピン留学生活が幕をあける!!!!

 

 

 

ふぅ〜。

ちょっと一息ついていいですか。w

 

疲れました。笑

というか

こんな長文ここまで読んでいただいた方がもしいましたら

 

そんな方たちに拍手です👏笑

ありがとうございます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

、、、、、、、、、、。

 

 

さて。 では続けますか!

 

 

 

留学に行ったのが12月

 

寒いのが大嫌いだった僕には最高でした!

 

 

 

セブは大好きな場所であのバジャウ族とヒロムがいるのもこの島

 

 

実は僕が通った学校は変わってて

 

日本人ゼロ!

 

だからもう最初は心折れまくりましたよ。笑

 

 

学校の説明も 授業も全部英語

 

 

でもねそこで働いている人たちがとても親切でなにより可愛い!!笑

この子たちだ!!

f:id:earthstory:20160513124549j:plain

 

 

ぶっちゃけ留学生活は最高に楽しかった

なにより無限に地球を感じることができた🌏

 

フィリピンはまだまだ人間らしさが残っていて僕は大好きだ

 

 

 

 

年末年始にはこの写真の左の女の子であるアナリンの実家に行けることに!!!

(日本ではまず初めましての人が年末年始に遊びに来るなんてありえないよねw)

 

 

離れた島なんだけど半端ない

 

 

電気はバッテリーに充電されたものを使い

ガスもないので木を燃やして料理をし

水道はもちろんないので井戸から汲み上げ

それで食器も洗い、服も洗い、体も洗う

 

トイレはあってないようなもの笑

まずティッシュは使わない(エコ!!w)

じゃーどうするかって?

 

 

水を使って手で洗い流すのだよ!

 

 

正直最初は戸惑いまくる

だってウンチを手で洗い流すんだから!笑

 

 

でも

実は慣れるとものすごく心地いい、、、

 

 

 

近くに滝があって滝で遊んだ日はそれがお風呂代わり

 

海まで徒歩3分で行けて船も自分たちで作ってて船出して魚取ったり

 

鶏にヤシの実なりまくってるからそれを餌にあげたり

 

ヤシの実を乾燥させてそれを保湿代わりに肌に塗ったり

 

 

 

もうね

 

 

 

無限に地球!!!

 

 

無限に生きてる!!!

 

 

 

 

 

俺はやっぱりこんな暮らししたいなぁーって

 

 

不便かと思うかもしれない

だけどそこには

 

 

 

便利な生活の中にはない素晴らしいものがある

 

 

 

それはきっと体感しないとわからないし伝えられない

 

だけど実は僕は地球と調和してなおかつ何不自由のない

 

新たな生活スタイル

 

を考えてておそらくそれは今の技術を使えば可能なんだよね

 

 

 

 

例えば

水は濾過するものを使えば川の水を飲むことができれば料理もできるだろうし

近い将来、海の水も飲めるようになるかもしれない

 

電気はソーラーパネルだけでなく最近開発された植物の光合成によって電気を生む仕組みを使えば十分な電気は得られるだろうし

 

火は乾燥した木を燃やせばいいし

 

食べ物は自分たちで畑をすればいいし

海に出て魚をいただいてもいい

 

場所は大平原でさ

 

移動は基本馬🐎

 

それからいろんな旅人が帰ってくる場所

もちろん旅人に問わずね

 

 

 

僕はそんな暮らしをしたいなと

というかそんな村を創りたいと密かに場所探し中。

 

 

 

 

まぁそんなことを感じたフィリピン留学でした!

詳細はまた別記事にて書こうかなと!

 

 

 

で!

ふぅ〜

 

ようやく終わりが見えてきた、、、。笑

 

 

 

 

 

 

帰国してから元々ワーホリはしてみたくてさ

 

 

でもいつやるとか決めてなくて

 

 

突然、帰国して1週間後に行きたい!!!

 

 

そう思ってとりあえず飛行機のチケットを取り

VISAを出国の3日前に取り!笑

 

 

2016年 2月11日

いつものごとく無計画で相棒といざオーストラリアへ🐨

 

 

 

着くなり空港から街まで遠いことに気がつき

早速ヒッチハイク!笑

 

 

で。

ヒッチハイクはじめて2分後にとまっていただいた!笑

f:id:earthstory:20160513131054j:plain

 

 

 

早すぎる!!

市内まで乗せて行っていただけることに

 

 

でもね

オーストラリアの英語が早すぎる!!!!

 

 

 

まぁなんせ無計画なもので

みんな何十万とか使って全部手配してもらう中

 

 

僕たちはなんとか自力で全部揃えました!笑

 

 

ぶっちゃけ相当大変だった、、、。

 

 

 

 

 

今はなんとかゲットしたバナナファームで働いています!

かれこれ3か月になるかな(^-^)/

 

 

 

うん!!!

やっと やっと イマになりましたね!!!!!笑

 

 

長かったーーー。

多分6時間ぐらい使って計3日かけて書き上げた僕の地球過去物語!!!(ザックリ)

 

 

 

 

まず

ここまで読んでくださった方へ

ありがとうございます!!!!!!

 

 

 

読んでくださり本当に嬉しいです

 

 

 

なんでこんなクソ長い過去物語を書いたかっていうと

 

 

 

自分自身過去を振り返りたかったってのと

今関わっている人たちに知ってもらいたかったってのと

今までのこの激動の約2年間を記録に残したかったからです

 

 

本当にこの2年間が僕の人生をあまりにも大きく変わりすぎた。

 

 

内気だった僕が一人で旅してヒッチハイクして

特に夢もなくなんとなく生きていったらいいかと思ってた僕が今じゃ世界平和を本気で願ってて

 

 

僕って凄いな〜

 

 

とは実は思ってないんです

 

 

素晴らしすぎる 完璧とも言える 必然的な出来事、出会いのおかげなんですよね。

 

 

今まで僕に関わってきてくれた人たちへ

 

皆さんと出会えて本当に本当に良かった

皆んな  ありがとう

 

 

 

 

まだまだ細かいことは書けてません

(多分それを書いたら終わらない。笑)

 

 

  • ビジネスについて
  • 無人島サバイバルについて
  • ヒッチハイクについて
  • 沖縄サバイバル生活について
  • 海外放浪旅について
  • 留学について
  • 愛について
  • 平和について
  • お金について

 

 

それらはまた ゆうまの地球過去物語 として別記事として

一つ一つ丁寧に綴っていきたいなと。

 

 

 

 

最後に

 

 

なんで僕がこんな生き方をしているかっていうと

 

怖いんだ。

なんで生まれてきたのかも分からず

やりたくないことをやって最後を迎えることが。

 

 

 

僕はありのままの僕を生き切りたい!

 

 

 

 

ときに笑い、涙し、歌い

またときに失敗し、誰かを傷つけ、我を見失うかもしれない

たくさん転びながらも 不器用に人間らしく生きたいのです 。

 

 

それが僕たち. 人間 .

 

 

この世界が この地球が

 

 

に溢れたになることを願い

 

 

 

 

この全力で 生きるんだ

 

 

 

 

 

それこそが

僕のできるすべてのこと

 

 

 

 

自分が還れば  世界は変わる 。

 

 

 

 

 

 

以上!  ゆうまの地球過去物語でした!!

 

 

 

本当に本当に最後まで読んでくださった方々、、

ありがとうございます!!!

 

 

また皆さんに会える日が楽しみです(^-^)/

 

 

 

みんな大好き!!!

してます!!!

 

 

 

 

ではでは

 

 

         愛ある ゆめ を。

 

 

 

 

 

2014年4月〜2016年5月13日の記録

 

p.s 

 

人生相談

人生について

ヒッチハイクについて

ワーキングホリデーについて

 

なんでも来いなので質問などありましたらこちらまで( ´ ▽ ` )ノ

 

☟   ☟   ☟   ☟

 

LINE⇨1995080686

 

それから

感想のメッセージも大歓迎です!笑

f:id:earthstory:20160601111111j:plain