ゆうまの地球冒険記

地球を散歩する中で世界各地のこと、悟ったことをそっと綴っていけたらなと*目指すは206カ国渡航*

アルバニア 絶景ブルーアイで野宿してみた!

どうも最近裸足生活始めましたゆうまです✌︎('ω')✌︎

f:id:earthstory:20170706165822j:plain

ぶっちゃけめちゃくちゃ痛いですがゴリラみたいな足の裏目指して頑張り中です!w

 

 

 

さてさてただいま僕は日本人の95%が生涯訪れることのないと言われている国

アルバニアのサランダに来ております!!

f:id:earthstory:20170706165756j:plain

 

ここは港町でもあるのですが海が超絶きれいです!!

 

f:id:earthstory:20170706165556j:plain

f:id:earthstory:20170706172325j:plain

完全な観光地なんですけど物価もそんなに高くなくていい感じの町🏄

 

 

 

そんなアルバニアですが紹介するのはブルーアイという絶景

今回はそこで1泊2日 + 1日日帰りで計3回行って来ました!

 

 

 

 

ブルーアイへの行き方

 

バス停というものはなく公園の近くにバスが止まっているのでそこでバスに乗ります

場所はこの公園の隣にある道から乗ります

 

 

そこでジロカストラ行きのバスに乗り途中でブルーアイにおりたいことを伝えます

f:id:earthstory:20170706170626j:plain

ブルーアイで通じない場合はシリカルタと言いましょう!

時間は40分くらいで値段は本当は150レクですが日本人だとなぜか200~250レク

粘ればおそらく150レクでいけますので頑張ってください!w

 

 

帰りは降ろされた道路でバスを待ちますが正直ヒッチハイクで余裕で帰れますw

2回ブルーアイからサランダに帰りましたが2回ともヒッチハイクで帰りました!

 

という感じで行きやすい場所ですね!

ちなみにブルーアイの場所はここ

 

 

 

 

2016年と大きく変わった点

 

f:id:earthstory:20170706170252j:plain

まずついてこれを目にした時は絶望しました。

これは今年からだと思いますがでも心配しないでください!

ガンガン泳いでますからw

ただ名札を下げたツアーガイドみたいなのがツアー客を引き連れて来た時だけは泳いだりジャンプすると怒られます

だけどその人たちは滅多に来ませんのでご安心を。

 

 

この柵も今年からできたものだと思います

f:id:earthstory:20170706170024j:plain

 

 

次にこれ

f:id:earthstory:20170706165752j:plain

お土産やさんとホテルw

もう正直秘境感は全くなく完全な観光地となっていました

 

 

 

それだけではなくレストランまで

f:id:earthstory:20170706170018j:plain

f:id:earthstory:20170706170335j:plain

これもおそらく今年からだと思われます

値段はもちろんゲキたか

 

 

という感じに色々変わっててびっくりしました!

 

 

 

 

ブルーアイでの遊び方

 

f:id:earthstory:20170706165503j:plain

これは誰もブログに載せていないのですが実はブルーアイ

この表面からみて「わぁ〜綺麗!」で帰る人がほとんどなんですがこれ

 

 

 

めちゃくちゃ綺麗な絶景を見逃してます!!w

 

 

 

真に綺麗で絶景なのは水中なんですよ!!!

ただなぜほとんどの人が泳がないかと言いますとここの水温10度なんですw

ピンとこないかもしれませんが冷蔵庫に入っていたキンキンの飲み物ぐらいです

サウナあがりに入るあの水風呂よりも低いですw

ただその寒さを耐えて潜った先に広がる景色がこれ

f:id:earthstory:20170706165423j:plain

f:id:earthstory:20170706165441j:plain

めちゃくちゃ感動します

水深は50メートル以上ありそこから永遠と大量の水が湧き出て来ます

なのでここ潜るのもすごい流れなのでこのロープを掴んで潜って行きます

f:id:earthstory:20170706165442j:plain

ただ僕は残念なことにトレーニング不足で7mぐらいしか潜れなかったので少し悔いが残っちゃいました😂

 

 

もちろん飛び込みも醍醐味ですね!

f:id:earthstory:20170706184845j:plain

さらにマニアックで3日間いた中で僕以外誰一人しなかった遊びがあります

そしてそこにこそ言葉に表せない絶景が広がっています

 

 

 

その名も、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ

推しします。

絶対やってください。

特に木の下はもう言葉になりません。

 

 

 

 

そこに広がる景色がこちら

f:id:earthstory:20170706181657j:plain

f:id:earthstory:20170706182250j:plain

f:id:earthstory:20170706185146j:plain

ぶっちゃけ生で見るとこの何倍も美しく、幻想的に見えます

止まることなく無数に出続ける酸素

1000%地球を感じる場所です

 

 

やり方は簡単

f:id:earthstory:20170706190446j:plain

ここにジャポンと飛び込んで流れに身をまかせるだけw

そしたら写真の木にたどり着くので潜って超えても上から超えても自由ですがその先右側に浅瀬が見えるのでそこから上陸します

万が一それを超えちゃってもレストランがありますのでそこで上陸しましょう!

レストランを超えちゃうとダムがありかなりまずいので気を付けましょう!www

 

 

 

最後に水中にある水草

f:id:earthstory:20170706190817j:plain

これの匂い嗅いで食べてみてください

びっくりしますよ、、、、、

 

 

 

レモンの匂いと味がしますから!w

 

 

 

さらにちょっと違うやつめちゃくちゃフルーティーな匂いがして味もその匂いのまんま!w

この場所は本当に奇跡の場所だと感じました

 

 

やっと動画アップできました!!!

無限に出続ける酸素たち

youtu.be

 

サウナあがりに入る水風呂以下の水温を耐えた者のみが見れる絶景

youtu.be

 

是非飛んで見てねw

youtu.be

 

 

 

 

ブルーアイで野宿

 

f:id:earthstory:20170706170257j:plain僕がラッキーだったのかわかりませんでしたがブルーアイのすぐそばでテントを張っても何も言われませんでした

テント禁止という看板もないので全然いけると思います!

 

 

 

水はブルーアイで湧き水を飲んでもいいしこのような水飲み場もあります

f:id:earthstory:20170706170322j:plain

飯はレストランで食べてもいいと思いますが高いです

のでサランダでクッキーなりパンなり買っていくことをお勧めします!

 

 

安全面でいうと宿、レストランがあるぐらいですので全然安全です

お土産やさんの人もお土産置いてたところどかしてそこで寝てるぐらいだったので全く危険はないと思います!!!

 

 

 

 

サランダでのお勧め宿

 

f:id:earthstory:20170706191623j:plain

BeniHOSTELがお勧めです

ドミトリーで一泊750レク(6€)で朝食、タオル付きです!

景色も絶景で風通しも良く部屋も広いのですごいお勧めです!

洗濯物もすぐ乾いちゃいますしね

居心地よすぎて10日間ここに滞在していましたw

 

場所はこちら

 

 

 

 

まとめ

 

アルバニアはあまり知られていませんがギリシャモンテネグロに来た際はぜひこの国にも訪れてください!

 

物価も安く海も川も綺麗で人も良くすごく長居しちゃうような国です

 

サランダ以外にもVUNO、ジロカストラ、ベラトなど見所満載の国となってますので!

VUNOにある秘境ビーチは激お勧め!!!!!!

 

 

ではでは

みなさんの旅が楽しいものになりますように!

f:id:earthstory:20170706192311j:plain

 

 

 

 

 

* * * * * * * * * *

 

 

ゆうまの

Twitter https://twitter.com/EarthPromenade?lang=ja

Instagram https://www.instagram.com/joe.yuma/?hl=ja

Facebook https://www.facebook.com/yumajoe86

 

 

* * * * * * * * * *

 

『もう、一人は嫌なんだ。』

1年前のオーストラリアのワーホリの時から

それは明らかにはっきりと誤魔化しようのない形で僕の目の前に現れ始めた。

 

 

 

多人数とのコミュニュケーションを目の前にすると

僕の中の悪魔が目を覚ます

 

 

 

底知れぬ嫉妬心と

それから生まれる自分が打ち解けられないことに対しての悔しさと怒り

さらにそれから生まれる他人に対する激しい拒否反応

 

 

 

その結果

話さない、打ち解けない、壁を作る

 

 

 

今までこれは1年前から始まった新しい壁(向き合うべきもの)だと思っていた

 

だけど違った

 

もともと僕は小学生の頃、すごく明るく人を喜ばせたり笑わせることが大好きな集団行動の中心にいる存在だった

 

中学の頃から恥ずかしさや男女関係を意識し始めてからそれはなくなりそれどころか集団行動自体が苦手になった

 

そう。

僕が今当たっている壁は中学生の頃からあったもの

ただ一年前まではそれを誤魔化すものがあった。

だからそれほど苦しめられることもなくうまくかわして目をそらしてこられた。

 

 

 

 

だけど今

誰にも縛られず 自由になって 一人で行動するようになって

それは誤魔化しようがないものになった

どれだけ逃げても 隠しても 離れても 必ず目の前に現れる

 

 

 

 

正直

『もう、一人は嫌です 。』

 

 

 

 

こんな状態が続いて1年

生きている意味があるのかなって

 

.

 

孤独って死ぬより辛いと思うの

 

.

 

友達を作りたくても作れないって死ぬより辛いと思うの

 

.

 

打ち解けたくても打ち解けられないって死ぬより辛いと思うの

 

.

 

みんなでワイワイ笑い合いたくても笑えないって死ぬより辛いと思うの

 

.

 

 

 

 

 

お願い .

誰か 助けて欲しいの .

【2017年ver】ヌクスからアクタウへ抜ける!

どうもただいまカザフスタンにいますゆうまです!

f:id:earthstory:20170518214410j:plain

キルギスウズベキスタンカザフスタンときて正直なところ言葉も飯もほぼ一緒で飽きました!!w

 

ところで昨日かの有名な国境を越えて来たのでその行き方をここに示します!

※2017年5月18日の記録

 

現在のレートは1ドル8000スム(闇レート)です

 

ヌクス→アクタウへ

f:id:earthstory:20170518214542j:plain

ネットに載っている新しい情報でも去年のもので実際に行ってみると大幅な変更がありました

 

まず去年まではヌクス駅からはベイニャウ(カザフスタン)に行けなくわざわざ隣町のコングラードまで行かなければ行けなかったのですがどうやら今年からはヌクス駅からベイニャウまで行けるようになったようです!!!

 

早速チケット売り場へ(駅の隣にあります)

f:id:earthstory:20170518214535j:plain

 

 

運よくあまり人がいませんでした

ここウズベキスタンは中国を勝る割り込み国なのでチケットを買うのは大変。w

f:id:earthstory:20170518214530j:plain

 

今回買ったチケットは朝6時ちょうど発 一番安いやつです

値段は86000スム(約11ドル)とかなり安く

このチケットはベイニャウ行きですが聞いた話だと週に2回アクタウまで直でいく列車があるそうです

ベイニャウ行きは毎日朝6時に出ています

 

その日はチケットを手に入れたので宿に帰りました

 

 

 

翌朝3:00

宿から駅まで離れていたこともあり早起き☀️

 

駅までタクシーで5000スム

昨日昼間のタクシーは6000だったのになぜか夜中の方が安い。ボラれたやつだw

 

駅に着くがまだ周りはくらい

f:id:earthstory:20170518214805j:plain

 

 

 

6:00

ヌクス駅を出発

f:id:earthstory:20170518214815j:plain

 

 

 

列車に乗ってみるとなぜかベットがありましたw

安い高い関係なくベットはあるみたいですね

f:id:earthstory:20170518214852j:plain

 

 

 

15:00

撮影禁止とのことで写真は撮れなかったがウズベキスタン側国境へ到着

ヌクスからここまで300kmしかないのになぜかここに来るまでに9時間。w

軽く荷物検査をされたのとネットではスルーされると聞いていたあの忌々しい滞在登録証を僕の場合はちゃんと確認されました

f:id:earthstory:20170518214740j:plain

 

 

 

17:00

ウズベキスタン側国境出発

みんなのパスポートチェックするので2時間かかりました

待ってる間はみんなでチャイタイム

f:id:earthstory:20170518214905j:plain

 

 

17:30

カザフスタン側国境到着

カザフスタンは緩く特に荷物チャックもなく紙を書いて終わり

みんなもホッとした表情👌

f:id:earthstory:20170518214930j:plain

 

 

18:30

カザフスタン側国境出発

ここでも1時間チェックに時間がかかりました

 

 

20:30

ようやくベイニャウ駅に到着!!

f:id:earthstory:20170518214925j:plain

 

 

 

 

急いでチケット売り場へ!!

だが既に遅し、修羅場とかしていましたww

ネットでは賄賂を渡して乗せてもらうと書いてあったのですが確かにそれをしてチケットを手に入れている人もいましたが普通にチケット売り場で手に入れられました!

f:id:earthstory:20170518214922j:plain

値段は1300テンゲ(約500円)とかなり安い!

これも一番安い椅子のやつにしたのですが結果的にいうとまたまたベットがあり普通にアクタウまで爆睡できました。ww

 

それとここでも大きな変更点が

数年前まではバスどころかタクシーもほとんどいなかったらしいのですが今回駅を降りるなりアクタウ行きのタクシードライバーが群れをならして待ち構えていました

値段はかなり高いと思いますが最終手段としていいかもしれませんね🚕

 

 

 

21:50

ベイニャウ駅出発

椅子といって買ったチケットですがなぜかベットがあったので爆睡w

 

 

翌朝 7:00

ここでもなぜか400kmしかないのに9時間かかりw

結果ヌクス→アクタウまでは25時間かかりました!!!!w

いやぁー思った以上の長旅でした!!!!

こんにちはカスピ海!!!!

f:id:earthstory:20170518223013j:plain

 

 

 

 

ヌクスの格安宿

実はヌクスの宿は全て高く、つくまで知らなかったのですが一番安くて35ドルと聞いていました

実際に行ってみるとすごい安い宿を発見したので紹介!

 

名前はJipek Joli

間違えないで欲しいのは同じ名前、同じ経営で二つ近くにこの名前のホテルがあるということ

f:id:earthstory:20170518214748j:plain

 

 

何が安いかというとこれ!

f:id:earthstory:20170518214808j:plain

 

 

エス

ユルタでございます。w

このホテルは夜レストランをしてましてそこになぜかあるユルタに一泊できちゃいます

f:id:earthstory:20170518214917j:plain

料金は一泊22ドル(税金2ドル)とヌクスの中では格安

しかも早朝にも関わらずヌクス駅までのタクシーもちゃんと手配してくれます

これはbooking.comに載ってないので直接行きましょう!

 

ちなみに場所はここ↓

 

 

 

 

その他の情報

テンゲへの換金なのですがベイニャウに向かう列車の中でスムからテンゲへ換金する人がいますのでそこでも換金できます

ベイニャウに着いたらすぐチケットを買う必要があるので2000テンゲは持っておいた方がいいです

換金レートは26000スム⇄1000テンゲ(2017年5月)

おそらくこれはあまり良くないレートです

 

ベイニャウ駅から徒歩5分のところにATMがあるのでそこでお金もおろせます

 

 

 

 

 

というのが現在の現状でございます!!!!

皆様の旅が楽しいものになりますように!!!!

 

 

* * * * * * * * * *

 

 

ゆうまの

Twitter https://twitter.com/EarthPromenade?lang=ja

Instagram https://www.instagram.com/joe.yuma/?hl=ja

Facebook https://www.facebook.com/yumajoe86

 

 

* * * * * * * * * *

 

【宿情報あり】サリタシュでネイティブキルギス人と一週間共に過ごしてみた🇰🇬

どうも ただいま標高3200メートルの町サリタシュ(SaryTash) にいます⛰

f:id:earthstory:20170510220309j:plain

今回は奇跡という名の必然的な巡り合わせで宿でもなくテントでもなくネイティブキルギス人の家に一週間泊めていただけることになったのです!!

 

 

一体どんな生活をしているのか?

宿はどうなってるのか?Wi-Fiはあるのか? 

 

 

 それらを画像、動画をふんだんに使い紹介したいと思います!!

※宿情報は一番最後に記載してあります。

 

 

 

 

サリタシュについて

f:id:earthstory:20170506130323j:plain

ここサリタシュはキルギス国境に一番近い大きな町です

宿は15軒ありそのうち2軒の宿にWi-Fiがあります

標高は3200mなのですぐ息きれます🏔w

高山病になりやすい方は薬を飲んでいったほうがいいかもしれません

 

 

 

こちらが町の全貌

f:id:earthstory:20170510220348j:plain

見ての通りまだ雪があります(5月)

真冬にはマイナス30度にまでなるそうですw

 

 

なので家の中ではこのようなものを履きます

f:id:earthstory:20170506131438j:plain

日本でいうスリッパのようなものでしょうか

違う点はこれを履いたまま靴を履いて外に出るということ

なので靴のサイズはめちゃくちゃ大きいです

 

 

 

 

ガス、水道設備はなく電気のみがあります

なので当然水道もなければトイレはボットん式です💩

この町のトイレは全て外にあります

f:id:earthstory:20170506131547j:plain

f:id:earthstory:20170506131327j:plain

 

 

 

 

水は川から取ったり雪解け水を取ったり

現地の人が川の水も飲めるといったので飲んだらお腹壊したので地元の人限定のようですねw

安心してください。普通にショップもあるのでそこで水も買えますし沸騰させれば川の水を飲んでも大丈夫でした!

 

そして極め付きは、、、

この町の人々は週に一度しかシャワーを浴びないということ🚿w

 

理由は先ほども述べたように水道とガス設備がないため

ではどのようにしてシャワーを浴びるのか

ご覧あれ!

 

このようにサウナの中で体を洗って行きます

火でお湯を作りそれと川から取って来た水を混ぜていい感じの湯を作ってそれで体をすすぐって感じですかね!

何よりサウナの中で一週間ぶりに洗うのでちゃんと洗いたいけどめちゃくちゃ暑いからすぐ汗だくになって色々とやばいサリタシュシャワー。ww

 

 

そして家の中はこんな感じ

f:id:earthstory:20170506131402j:plain

f:id:earthstory:20170506131351j:plain

f:id:earthstory:20170506131233j:plain

なんだかいい雰囲気ですよね

僕は好きですw

 

 

 

 

国境からサリタシュへ

f:id:earthstory:20170506130442p:plain

カシュガルウルムチ → 中国出国 → キルギス入国

 

ごくごく普通のネットにたくさん情報が載っているルートで来ました

ただ一つ大きな変化があったのですが

カシュガル→オシュの直行国際バスが2017年からなくなりました

なので陸路で中国→キルギスに行く場合は乗合タクシーのみの手段になりました。

 

 

少し話はずれましたがキルギス入国するとたくさんのタクシードライバーがいます

旅慣れた方はご存知の通りばか高いですw

オシュまで1人なら4000ソム、2人以上なら2000ソム

サリタシュまでは交渉しなければ1000ソム、値切って500ソム

僕はテントも持ってたしキルギスは野宿もヒッチハイクもokだと知っていたので完全スルーで絶景が続く山脈地帯を歩き始めました

 

 

 

キルギス国境に向かっていくトラックは山ほどいるのですがオシュに向かっていくトラックがほとんどいない!w

2,30分に1台ぐらい

歩きながらヒッチハイクをし始めて1時間ででっかいトラックに乗せてもらい

 

f:id:earthstory:20170506131509j:plain

トラック乗るなり食べなって渡されて食べたものがくそ辛くて次第に意識が朦朧として来て旅してる中で初めて「あ。これ俺死ぬのかもしれない。」って覚悟した。

 

でも水がぶ飲みしたら治って普通にいいおじさんだった

のちに地元の人に聞いたところそれは【ナス】という麻薬だったらしいwww

キルギス国内では合法とのこと。

まぁ早速そんなネタができたわけで

 

 

このおっちゃんはサリタシュという町まで行くとのことでもともとその日の目的地だったのでそこまで乗せていただくことに🚚

 

町までの道のりはまさに絶景そのもの

f:id:earthstory:20170507224744j:plain

 

一時間後サリタシュへ到着!

もう時間も遅かったのでどこでテント張ろうか考えていると

「How are you!」

と声をかけられゲストハウスしてるから一晩500ソムで泊まりなよと

 

だけど初めからテントはる気満々だったのでお金節約したいからテントはるよって言ったら「分かった、分かった!ここは寒いからウチに泊まりなよ!」ということでサリタシュに一週間滞在することに✌︎('ω')✌︎

 

 

 

ネイティブキルギス人の1日

f:id:earthstory:20170506131723j:plain

 

 

〜 朝 〜

 まず初めにこの時期は草がまだ少ないので餌やりをします

 

 

 

 

餌を食べているすきに牛からミルクを採ります

さすがめちゃくちゃ採るの早いですよね🐄w

ちなみに家畜なので名前はつけないとのことです

 

 

 

 

その後

家畜を他の草の生えた場所へ移動させます

中にはこのように馬やロバに乗って移動させる人たちもいるのでこんな光景はすぐに見慣れちゃいます

僕もやりましたがしつけがしっかりしているからでしょうか、意外と簡単でした✌︎

 

 

 

 

〜 昼 〜

お昼は特にすることがないので昼寝をするか家の掃除をするか

または「ナン」と呼ばれる丸いパンを作るか採りたてのミルクでバターとヨーグルトを作っていました!


まずはバターとヨーグルト作り!

このような機械でバターとヨーグルトになるミルクを仕分けします

これがまた出来立てのバターが絶品なんですよね!

バターっていう概念が変わるほど美味しい

これは2時間ぐらいでできちゃいます!

 

 

 

 

次にナン作り

パンも作ったことがなかったのですごく新鮮でしたw

彼女、ソニャンはもう慣れた手つきで僕の二倍ほどのスピードでこねて行きます🥖

 

 

 

 

横笛を持って来ていたので演奏してみせるとキルギス楽器を持って来て演奏してくれました!!

なんかテレビで見たことあるやつが生で見れてめちゃくちゃテンション上がりましたw

ちなみにこの楽器オシュやビシュケクで購入可能で僕は気に入っちゃったのでオシュバザールで500ソムで買っちゃいました( ✌︎'ω')✌︎

 

 

日本の楽器にも触れてもらえて持って来てよかったなぁーと♫

f:id:earthstory:20170506131015j:plain

 

 

 

 



 〜 夜 〜

19時ごろ(キルギスは日が沈むのがとても遅い)から 朝と同じ作業をやります

家畜を家に戻し、餌をやりながらミルクをとり、家畜小屋へ戻す

 

夜ご飯を食べるのも遅く21時ごろに食べ始めます

そして22時に就寝

 

 

これがネイティブキルギス人の1日🌞🌚

 

 


 


キルギスの食事【チャイタイム】

f:id:earthstory:20170507173503j:plain

宗教上ブタ肉は食べません🐷

その代わり羊、牛、鶏肉を食べますが主流は牛でした

 

この日はたまたまシャムラット(声をかけてくれた人)のお母さんが誕生日ということで馬鹿でかいケーキが出て来ましたw

これを3日ほどかけて食べました🎂

やはりムスリムですのでハッピバースデーミュージックはなく静かな誕生日でした

 

 

 

f:id:earthstory:20170506130522j:plain

食事は白飯はまずなくパンが白飯の代わりとなっています

ご飯であろうとヌードルであろうとパンは必ずテーブルの上にありました

キルギスでは食事のことを「チャイ」と呼びます

チャイとはお茶のようなもので面白いのが飲み干した瞬間にまたついでくれるというストップをかけるまで無限に注いでいただけるというものw

 

 

食事のタイミングは日本とは少し違い

日が暮れるのが遅いからそうなったのでしょうか朝、昼、夕方、夜と計4回あります

ただそれプラス来客があるたびにチャイタイムが始まるので一日5、6回の食事が普通になっていますw

 

 

食事の味は日本人向けでどれも美味しいです

特に採りたてのミルク、バターは絶品です

f:id:earthstory:20170506131054j:plain

 

 

 

 

 

 

ユルタについて

f:id:earthstory:20170511144512j:plain

※HolyClover様より引用

 

キルギスでのユルタとは家畜を育てる人たちの家のことでサリタシュの人たちに聞いたところ彼らも普通の家を持っていて冬の間は自分たちの家に帰るとか

 

サリタシュ周辺では夏(6〜10月)の間だけこのユルタが現れるそう

シャムラットは夏の期間はユルタに家畜を預けて育ててもらうらしいのだ

なのでユルタに泊まりたい場合は夏を選んでキルギスに来るのが望ましい

 

ただ5月でもオシュに近づくと暖かいのでオシュに来る途中いくつかユルタを見かけました!

なので場所にもよると思います!

 

 

 

 

 

サリタシュの宿情報

f:id:earthstory:20170510220400j:plain

彼らがとても優しいシャムラットとソニャンだ!

皆さんが気になる宿情報とオシュまでの行き方をここに示す!!

 

サリタシュには小さなものも含め15軒宿がある

その中でもWi-Fiがあるのは2軒のみとなる

Booking.comに登録されている宿は1軒のみでしかも2000円と高い

シャムラットが経営しているゲストハウスを紹介します

 

 

【Guest House SHAMURAT】

f:id:earthstory:20170506130409j:plain

f:id:earthstory:20170506130357j:plain

f:id:earthstory:20170506130338j:plain

f:id:earthstory:20170506130248j:plain

f:id:earthstory:20170506130228j:plain

f:id:earthstory:20170506130313j:plain

〜連絡先〜

メールアドレス

shamu6164@gmail.com

電話番号

+996772227794

Facebook

シャムラット

 

 場所

 

写真でいうとここw

f:id:earthstory:20170511152837j:plain

うん。

わかりにくい!!w

しかもゲストハウスに常に誰かいるわけではないのでそんな時のためにシャムラット家の行き方を紹介!

 

 

 

 

まずキルギス国境側から見たサリタシュの町

ここをまっすぐ行くとオシュにつきます(100km)

左側に見える赤っぽい屋根の家が目印

f:id:earthstory:20170510221806j:plain

 

 

 

もう一つの目印として赤っぽい屋根の家と川が隣にあります

f:id:earthstory:20170510222000j:plain

 

 

 

その間にある道を進んでいきます

f:id:earthstory:20170510221812j:plain

 

 

 

200mほど進みます

f:id:earthstory:20170510221909j:plain

 

 

 

そうすると左手に白い家が見えて来ますのでそこが彼らの家です!

f:id:earthstory:20170510222229j:plain

 

 

 

入り口が二つあるのですが右側の方です

ついたらノックして「シャムラット!!」と呼べば彼か彼のお母さんが出て来ると思いますのであとは宿に案内してもらうだけですね!!

ちなみにお母さんは英語が話せないので

ヤポン!」「ユウマ!」「シャムラット!」 といえば察してくれると思いますw

f:id:earthstory:20170511154116j:plain

ただし

7時〜9時、18時〜20時は家畜の世話をしているのでいない可能性が高いです

その場合は家の前で待っていれば問題無いです

それと番犬がいるのですがおそらく吠えて来ますw

名前がリィンボなので名前を呼んで何もしなければすぐに懐くと思います👍

 

 

 

以上が宿情報になります!

最初の方に述べたようにシャムラットはツアーガイドもやっているので値段は要相談になりますがソンクル湖などのツアーも可能です

 

それからサリタシュからオシュまで一日一回バスが通りますのでそれは200~250ソムでオシュに行くことができます

国境までもしかり

あとはシャムラットの兄弟がタクシーをしていますのでそれは300ソムでオシュまで行けます

 

詳しい時間はシャムラットにきいてみてください。

 

 

 

まとめ

サリタシュに一週間滞在して見て思うのが

国境を越えてオシュまで2000ソム払って行くのではなく

サリタシュまで500ソムまたはヒッチハイクで行って一泊(500ソム)で景色を楽しんで次の日オシュまで200~300ソムで行くのがおすすめです!

f:id:earthstory:20170511160635j:plain

日が暮れるのが20時(5月)なので中国から国境を越えて来てもまだ日は明るいので近くにある小山を登って景色を楽しむこともできるし何より直でオシュまで行くよりも安くつくというね💲w

 

 

是非ともキルギスに来た際はサリタシュによって見てください✌︎('ω'✌︎ )

 

 

 

 

 

関連記事

earthstory.hatenablog.com

earthstory.hatenablog.com

earthstory.hatenablog.com

 

 

 

* * * * * * * * * *

 

 

ゆうまの

Twitter https://twitter.com/EarthPromenade?lang=ja

Instagram https://www.instagram.com/joe.yuma/?hl=ja

Facebook https://www.facebook.com/yumajoe86

 

 

* * * * * * * * * *